FC2ブログ
靖國神社国家護持
2018/10«│ 2018/11| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »2018/12
--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--
19:57:44
産経新聞より
中国船長釈放】「われわれも悔しい」 苦情殺到で唇噛む海保職員
2010.9.24 17:02
沖縄・尖閣諸島沖の漁船衝突事件で、中国船長を那覇地検が釈放するとの発表を受け、海上保安庁の政策評価広報室にはマスコミ各社の記者が続々と詰めかけた。
 中川高史室長は「われわれが判断できることではないから…。判断したのは地検ですから」と話しながらも那覇地検の次席検事の会見のニュースを見ながらどこか口惜しげな表情を浮かべた。
 石垣海上保安部にもマスコミからの問い合わせが殺到した。ある職員は「事前には知らされていなかった。容疑者の身柄も証拠物も地検に送ってあるので、何もこちらでコメントできない」と話した。
 一方、海上保安庁の広報室には市民から苦情の電話が殺到、電話回線がふさがった。「明白な領海侵犯ではないのか」「漁船がわざとぶつかったのに釈放とは…」という問い合わせに、職員が法的な理由を説明していた。
 石垣海保にもニュースの直後から電話が入った。1件は「釈放に賛成 だ。安心した」というものだったが、もう1件は「海保が命をかけて頑張ったのに検察は何をしているのか」という怒気を含んだものだったという。
  関東地方の海上保安署に勤務する40代の職員は「われわれは忠実に任務を遂行しただけ。釈放したのは地検なのだから文句はそちらに言ってほしい。われわれだって悔しい」と話していた。別の職員も「那覇地検だけで決められる話ではないだろう。納得できないな」と唇をかみしめていた。

私も悔しい、国賊仙石め!

【showyouビデオレター】
尖閣問題は民主党の招いた国難だ!』
を新たに追加いたしました。
http://www.youtube.com/watch?v=XMzzDfd8BGs
※なお、showyouビデオレターは、皆様から頂いたご意見やご質問も参考にし、ビデオレター配信を行っていきたいと存じます。是非、ご意見・ご質問をメールにてお寄せ下さい。
■発行:参議院議員 西田昌司事務所
〒601-8031 京都市南区烏丸通十条上ル西側
電話075-661-6100 FAX075-661-6900
ホームページ  http://www.showyou.jp
Eメール    office@showyou.jp
ブログ     http://ameblo.jp/j-shoujinishida/
ツイッター   http://twitter.com/j_shoujinishida
※Showyou通信は、ご登録下さった皆様の他に、名刺交換等でメールアドレスを頂いた方にもお送りさせて頂いております。


みなさんこんばんは。
安倍晋三です。

私はかねてから仙谷官房長官がいかに愚かであるかを指摘し、「そんな人物が官房長官である事によって日々国益が失われる危険に直面している」と警鐘を鳴らしてきました。

残念ながら危惧した通りになりました。
日本の尖閣諸島沖で領海を侵犯し主権を侵害し、さらに海上保安庁の巡視船に体当たりした船の船長中国の圧力に膝を屈して釈放する―。最悪の判断です。
処分保留の判断は明らかに官邸が検察に介入した結果です。

この間違った決断は結果として新たな危機を呼び寄せる事になるでしょう。
民主党政権が誕生し、与那国島には中国が嫌がるから自衛隊は駐留させないと決断し、東シナ海のガス田問題では中国側が機嫌を損ねる行動や発言は行わない、そして彼らの日中合意違反は見過ごすと決断し、靖国参拝は政務官に至るまで自粛すると中国に向かって発表まで行った。

日韓併合百年にあたっての菅総理大臣談話は朝鮮半島向けではありましたが、それは「日本は過去の謝罪と反省とお詫びを今後もし続けますよ」との中韓に対する官邸のメッセージとして、受け取られたでしょう。
賎しいまでの卑屈な対応をした結果どうなったか。皮肉な事に、官邸が期待したものとは全く逆の反応を中国は示しました。

民主党政権の領土領海を、国益を守る意志の強さを中国は見ていたのです。
そして見極めた。
その結果の領海侵犯であり、逮捕に対するごう慢な圧力でした。

そして今日、その判断に間違いがなかったと、嘲笑しているに違いありません。
叩頭し続ける民主党政権はさらなる叩頭を求められ、日本は尖閣を失うでしょう。

▼安倍晋三事務所 携帯版HP
http://www.s-abe.jp/

a_01.gif ←お手数ですが、応援クリックお願いします。
スポンサーサイト

Theme:中国問題 Genre:政治・経済│ Tag:支那│ Tag:中国│ Tag:共産党│ Tag:尖閣│ Tag:仙石│ Tag:船長│ Tag:釈放│ Tag:苦情│ Tag:海保│ Category:ふざけるなコメント:2トラックバック:0

コメント
憤死寸前・・
やってしまいましたね。
この一報を聞いてからはらわたが煮えくりかってむかむかしています。血圧急上昇中です。
なんでこういう馬鹿な事をする!ってこれはやはり仙石の野郎の差し金なんでしょうね。どうせ。
日本のシナ属国への一歩がまた踏み出されたのでしょう。
シナ野郎の嗤う顔が見えるようでくやしい!!
皇国臣民の矜持を持ってシナの愚挙に徹底対抗しましょう!!

本日見張り員、憤死寸前であります・・。

見張り員│URL│2010/09/24(Fri)22:02:56│ 編集
No title
やるしかないでしょう!

我慢できん((怒))

吉田明彦│URL│2010/09/24(Fri)22:34:47│ 編集
コメントの投稿










トラックバック
トラックバックURL
→http://nipponaikoku.blog28.fc2.com/tb.php/116-2ce991c0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

日本季節文化研究会 東京事務局

Author:日本季節文化研究会 東京事務局
日本季節文化研究会 東京事務局 理事
誇りある日本の会 顧問

我國日本の歴史と文化を再認識して美しい國日本、誇りある日本を取り戻そう!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。