FC2ブログ
靖國神社国家護持
2018/10«│ 2018/11| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »2018/12
--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--
08:05:50
突然ですが緊急連絡です。
長野県駒ヶ根市で「多文化共生のまちづくり推進プラン」についてのパブリックコメントを募集しています。
募集期間は1/25(火曜日)までです。
詳しくはこちら↓
長野県トピック> 駒ヶ根市で「共生社会推進」策定

「多文化共生のまちづくり推進プラン」では外国人の住民投票については書いてないのですが、流れからして将来的に「常設型住民投投票条例」に言及する可能性が十分考えられます。
取り返しのつかない事態にならないよう皆さんのお力が必要です。
釘を刺す意味で駒ヶ根市にメールやFAX、電話などで意見を寄せていただきたいと思います。
なおパブリックコメントについては市内に在住、在勤、在学の人だけですので、それ以外の方は意見として送ってください。
なおこの件についてブログやツイッター、口コミ、my日本での日記などでの拡散のご協力をお願いします。手遅れにならないよう頑張りましょう!!

送り先
企画財政課 情報推進係
 電話番号0265-83-2111 内線243
 ファクス0265-83-4348
 E-mail kizai@city.komagane.nagano.jp

駒ヶ根市役所のお問い合わせフォーム
http://www.city.komagane.nagano.jp/index.php?f=&ci=10629&...

例文もありますので参考にしてください。
ツイッターやブログ等で全国に情報が拡散していること、多くの国民が今後の駒ヶ根市の動向を注目していることを添えていただければ効果的かもしれません。

○例文

駒ヶ根市役所 企画財政課 殿

○○市に住んでおります○○と申します。

早速ですが、私は駒ヶ根市多文化共生のまちづくり推進プラン(案)に対して意見があります。
駒ヶ根市民ではない私が、この案件に対して意見を述べさせて頂くことは、いささか恐縮ではございますが、お許し下さい。

私は、日本に帰化せず、日本に日本人として住んでいない外国人に対して、過剰な支援を行うことに対して若干の危機感を持っております。
現実的な問題として、今の日本には「日本に住んでいながら日本を愛していない」「むしろ日本を嫌っている」「日本の良いところだけを都合よく利用したい」と考えている外国人が少なくないという事実があります。
これは駒ヶ根市も例外ではないと思われます。

駒ヶ根市における外国籍市民の数は増加傾向にあるとのことですが、人数が増加しているから無条件に優先的に支援をするのではなく、まずは駒ヶ根市内在住の日本人への支援を充実させるべきではないでしょうか?
雇用についても、国内の景気が冷え込んでいる中、外国人への就職支援よりも、まずは日本人である私たちへの就職支援が優先してなされるべきであると考えます。
(少なくとも外国人よりも日本人が就職しにくいといった状況は避けるべきです)

このような意見は、「外国人を追い出してやろう」という、いわゆる排外主義的なものであると考えられてしまいがちですが、私自身は外国人と無闇に敵対するつもりはありませんし、排除したいとも考えてはおりません。

しかし、全ての外国人に、あまねく手厚い支援を行うことは、「駒ヶ根市を愛していない」外国人に対しても、駒ヶ根市が支援を行うということになります。

今、日本国内では、尖閣諸島での問題や北方領土の問題などについて、いわゆる「右翼団体」のような一部の特殊な人達だけではなく、一般の市民からも現状を危惧する声や、政府の対応に対しての不安の声が挙がっています。
このような状況だから・・・というわけではありませんが、駒ヶ根市はこの「多文化共生のまちづくり推進プラン」の持つ意味を、今一度、慎重に考えるべきであると思います。

まずは外国人よりも、日本人への支援を充実させる。
このことは外国人差別でも何でもなく、国際的に見ても極めて当たり前のことであることを、改めてご理解頂きたく思います。

また今全国の自治体で「常設型住民投票条例」「自治基本条例」と言った名前を変えた外国人参政権が成立しています。
このことについて多くの日本国民が危惧しています。
駒ヶ根市の「多文化共生のまちづくり推進プラン」が外国人参政権につながらないようお願いしたいと思います。

なお駒ヶ根市の「多文化共生のまちづくり推進プラン」についてはツイッターやブログ等で全国に拡散されています。私もそれで知りました。
今後の駒ヶ根市の動向に注目しております。

a_01.gif
スポンサーサイト


コメント
コメントの投稿










トラックバック
トラックバックURL
→http://nipponaikoku.blog28.fc2.com/tb.php/166-df877b67
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

日本季節文化研究会 東京事務局

Author:日本季節文化研究会 東京事務局
日本季節文化研究会 東京事務局 理事
誇りある日本の会 顧問

我國日本の歴史と文化を再認識して美しい國日本、誇りある日本を取り戻そう!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。